トイレのつまり予防には基本的なポイントを抑える事で予防が出来ます。

トイレのつまりには、こんな予防方法があります!

トイレを詰まらせてしまう原因や解決方法については、前もって知っておくといざという時に役立ちます。
しかし、そのいざという時がないと、なかなかトイレについて考える事もないのが現状ではないでしょうか?
トイレの水の通り道は一本しかないので、その道が詰まってしまう事はトイレが使えない事へと直結します。
そうならないためには「予防方法」を前もって知っておくことが、トイレのつまりを予防する事にもなりますし、詰まらせない事を意識する事は、トイレを綺麗に保つ事にも繋がってくるので一石二鳥ともいえます。

水溶性でない物は、トイレには持ち込まない事もポイントです。

「流れない物をトイレに流さない」事でつまり予防!

別ページでも、トイレに流せない物として、ティッシュペーパーや新聞紙、紙おむつなどがあるとご紹介しました。
トイレのつまりを予防する最大かつ最適な事は「流れない物をトイレに流さない」に尽きるでしょう。
トイレに流しても問題ない物は、排泄物・トイレットペーパー・掃除をするためのペーパークリーナーです。
言い換えれば、それ以外の物はトイレに流してはいけない物という事になります。
また、トイレットペーパーでも「流す量」には注意しましょう。トイレの排水管は、意外にも狭くなっており、排水管を埋めてしまう量のトイレットペーパーを流すと、確実にトイレは詰まってしまうので、流す時には気を付けましょう。

子供が持つ物は小さいサイズが多いので、トイレに流れやすいサイズです。

小さな子供だけでトイレに行かせない

毎日使うトイレは、大人・子供・高齢者など、性別や年代を問わず、みんなが使います。
また、人によっては、新聞や雑誌など自分の好きな物をトイレに持ち込む人もいます。
それは子供も例外ではありません。
特に、子供は自分のお気に入り物(ぬいぐるみや絵本など)を、トイレの中まで持ち込む事もありますので、特に小さな子供を持つ親にとっては、不安を抱く原因の一つです。
更に、子供が持っているものは、小さく便器の穴に入りやすい大きさなので、不注意で便器の中に落としてしまい、その結果、トイレが詰まってしまう事もありますので、注意が必要です。

日頃からトイレの状態を見ておけば、つまりを予防する事にもつながります。

毎日のトイレの時に「予兆をつかむ」事でもつまりを防ぐ事が出来ます!

家中の水回りの中でも、一日のうちに最も使う事が多いのがトイレです。
毎日使うトイレだからこそ、日頃から排泄物を流す時の水量・水が流れた時に異音はないか・トイレを掃除している時に、便器の中から異臭はしないかなど、注意してトイレを観察しておくと、つまりの原因を早期につかむ事が出来て、結果的にトイレのつまりを予防する事になります。
ちなみに、トイレのつまり対策として販売されている「スッポン」と呼ばれているラバーカップは、応急処置的な役割なので、本格的にトイレのつまりを解決するには、「町の水道者24h」へご連絡ください!

「町の水道屋さん24h」では、トイレはもちろん、洗面所や台所のトラブル(つまり・水漏れ)などを、確かな技術・迅速対応・安心価格で行っております。
それ以外にも、水道に関する疑問・不安なども受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください!

  • 年中無休 24時間受付中
  • 0120-318-202
  • 0120-318-202
    • 〒650-0027
    • 神戸中央区中町通3-1-16
    • サンビル502
  • VISAMASTERAMEXSAISON